出典:デジタル大辞泉(小学館)

安政元年12月21日(1855年2月7日)下田で、日本とロシアとの間に結ばれた条約。下田箱館長崎を開港、択捉 (エトロフ) 得撫 (ウルップ) 島間を国境とし、樺太を両国雑居地と定めた。下田条約。日露通好条約。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉