出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 日記を書き記す帳面。

  1. 初期の簿記で、日々の取引の概要を発生順に記録した帳簿。現代の簿記では、仕訳帳に記入する小書きがその役目を果たしている。