出典:デジタル大辞泉(小学館)

日給2の確認のために殿上 (てんじょう) の間の西北の壁に立てかけた札。殿上人 (てんじょうびと) の官位姓名を記し、出仕者は自分の名の下に日付を記した紙片、すなわち放ち紙をはった。仙籍。ひだまいのふだ。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉