出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1301~1338]鎌倉末期・南北朝時代の武将。上野の人。元弘3=正慶2年(1333)鎌倉幕府を滅ぼし、建武政権から重用されたが、のち、足利尊氏と対立。兵庫で楠木正成 (くすのきまさしげ) とともに九州から東上する尊氏と戦ったが敗れ、恒良尊良両親王を奉じて越前金崎 (かねがさき) 城によったが落城。のち、藤島で戦死。