にっちょう〔ニツテウ〕【日朝】 とは

  1. [1422~1500]室町中期の日蓮宗の僧。伊豆の人。号、行学院。通称、加賀阿闍梨 (あじゃり) 。比叡山南都などに学ぶ。寛正元年(1460)身延山第11世を継ぎ、寺境を拡張、制度を整備して身延山中興の祖といわれる。著「法華草案鈔」など多数。