出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世から江戸末期まで、茶道具一式を振り分けにかつぎ歩き、客の求めに応じて茶を立てた行商人。また、その茶道具。一服1銭。

「―しほらしくこしらへ」〈浮・永代蔵・四〉