出典:デジタル大辞泉(小学館)

「ぬの(布)」の上代東国方言。にぬ。

「筑波嶺 (つくはね) に雪かも降らる否をかも愛しき児ろが―乾さるかも」〈・三三五一〉