出典:デジタル大辞泉(小学館)

雅楽の打楽器で、細腰鼓 (さいようこ) の一種。壱鼓 (いっこ) と三の鼓の中間の大きさのもの。奈良朝には唐楽に、平安朝以後は高麗楽 (こまがく) に用いられたが、衰滅した。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉