出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《二と三との中間の意から》
  1. どっちつかずであること。また、そのさま。

    1. 「見るのもいや、どけてしまってもすまない、―な心持で」〈宮本伸子

  1. 江戸時代、御目見 (おめみえ) 以下譜代の下位の格の人。二半場。