に‐ばん【二番】例文一覧 1件

  1. ・・・ お佐代さんを呼び迎えたのは、五番町から上二番町の借家に引き越していたときである。いわゆる三計塾で、階下に三畳やら四畳半やらの間が二つ三つあって、階上が斑竹山房のへんがくを掛けた書斎である。斑竹山房とは江戸へ移住するとき、本国田野村字仮・・・<森鴎外「安井夫人」青空文庫>