に‐ぶね【荷船】 の意味

  1. 荷物を運送する船。荷方船。
  • 名詞
  • に‐ぶね【荷船】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 私は弁当を仕舞ってから、荷船オデッサ丸の舷にぴったりと繋ってある大運搬船の舷に、一人の仲間と竝んで、海に向って坐って居た。

      有島武郎「かんかん虫」

    • ・・・村の者の荷船に便乗する訣でもう船は来て居る。

      伊藤左千夫「野菊の墓」

    • ・・・ そのころ、西国より京・江戸へ上るには、大阪の八軒屋から淀川を上って伏見へ着き、そこから京へはいるという道が普通で、下りも同様、自然伏見は京大阪を結ぶ要衝として奉行所のほかに藩屋敷が置かれ、荷船問屋の繁昌はもちろん、船宿も川の東西に数十・・・

      織田作之助「螢」