にほん‐かい【日本海】 の意味

  1. 日本列島アジア大陸に囲まれた海域。北は宗谷海峡オホーツク海へ、津軽海峡太平洋へ、南は対馬 (つしま) 海峡東シナ海へ通じる。中央部に大和堆 (やまとたい) がある。対馬海流が日本列島に沿って北上する好漁場。朝鮮では古くから東海と呼ぶ。

にほん‐かい【日本海】の慣用句

  1. にほんかいかいせん【日本海海戦】
    • 明治38年(1905)5月27日から翌日にかけて行われた日露戦争中最大の海戦。日本海対馬(つしま)沖で、東郷平八郎司令長官の率いる連合艦隊が、ロシアのバルチック艦隊に壊滅的打撃を与えた。
  1. にほんかいかいようきしょうセンター【日本海海洋気象センター】
    • 気象庁の海洋気象課に所属する機関。日本海の海洋気象業務にかかわる調査・技術開発を担当する。京都府舞鶴市にある。
    • [補説]舞鶴海洋気象台の廃止に伴い、平成25年(2013)10月に設置。日本海の海面水温や対馬暖流深層水の変化の監視、海流・海水温の予測シミュレーションモデルの開発、高潮・高波のメカニズム解明に向けた調査研究などを行う。
  1. にほんかいがわきこう【日本海側気候】
    • 日本列島の日本海側にみられる、冬は雪が多く、夏は晴天が多い気候。日本海に低気圧が発達するとフェーン現象が起こるなどの特徴がある。日本海岸式気候。→太平洋側気候
  1. にほんかいがんしききこう【日本海岸式気候】
  1. にほんかいちゅうぶじしん【日本海中部地震】
    • 昭和58年(1983)5月26日、秋田・青森県沖で発生したマグニチュード7.7の地震。日本海沿岸の広範囲にわたって津波が発生し、秋田・青森・北海道を中心に、大きな被害を受けた。警報発令以前に津波に襲われた場所もあり、死者104人のうち100人が津波によるもの。
  • にほん‐かい【日本海】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・     三七 日本海海戦 僕らは皆日本海海戦の勝敗を日本の一大事と信じていた。

      芥川竜之介「追憶」

    • ・・・蝦夷富士といわれるマッカリヌプリの麓に続く胆振の大草原を、日本海から内浦湾に吹きぬける西風が、打ち寄せる紆濤のように跡から跡から吹き払っていった。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・世界貿易の中心点が太平洋に移ってきて、かつて戈を交えた日露両国の商業的関係が、日本海を斜めに小樽対ウラジオの一線上に集注し来らむとする時、予がはからずもこの小樽の人となって日本一の悪道路を駆け廻る身となったのは、予にとって何という理由なしに・・・

      石川啄木「初めて見たる小樽」