出典:デジタル大辞泉(小学館)

武家時代、将軍や大名の戒名に付けた尊号。院号の下に「殿」の字を加えたもの。現在も社会的地位の高かった人に用いる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉