出典:デジタル大辞泉(小学館)

住血吸虫の一種。体は細長いひも形で雌が雄より大きい。中間宿主カタヤマガイ。貝から出た幼虫は皮膚を通して人・牛・犬・猫などの腸間膜に寄生。粘血便・発熱・腹痛、慢性期になると肝硬変などの疾患を起こす。日本・中国・東南アジアの一定地域に分布。