出典:デジタル大辞泉(小学館)

企業での実習(OJT)と学校での講義(Off JT)を並行して行う、若年者向けの職業教育訓練システム。ドイツの制度を参考に、日本に導入された。文部科学省が平成16年度(2004)から一部の高等学校で試験的に導入しているものと、厚生労働省所管の高齢・障害・求職者雇用支援機構が職業能力開発大学校・職業能力開発促進センター・専修学校(委託訓練)などで行っているものがある。