出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《連語「にも」+動詞「かかわる」の未然形+打消しの助動詞「ず」》
  1. 前述の事柄を受けて、それと相反する行動をとる意を表す。…であるのに。「雨にも拘らず出かける」「あれほど固く約束したにも拘らず姿を現さない」

  1. (接続詞的に用いて)それなのに。しかし。「疲れがひどかった。にも拘らず、がんばった」