出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の通称》公共工事の入札・契約制度の透明性向上と不正防止を目的として定められた法律。平成13年(2001)施行。適正な入札・契約の基本原則として、透明性の確保・公正な競争の促進・適正な施工の確保・不正行為の排除の徹底を明示し、発注者の義務やガイドラインなどが規定されている。

[社会/法律]カテゴリの言葉