にゅう‐しょう〔ニフシヤウ〕【入賞】例文一覧 1件

  1. ・・・を出品したサロンの入賞と陳列の位置とがきまる前後で、マリアは、大変わくわくしている。四月三十日にサロンの初日に出かけ、新聞の批評に気を揉み、あるいは会場で自分の絵を眺めている大勢の人々を長椅子にかけて見物しながら「それらのすべての人たちが、・・・<宮本百合子「マリア・バシュキルツェフの日記」青空文庫>