出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 仏語。

    1. ㋐煩悩を断って悟りの境に入ること。

    2. ㋑出家・剃髪 (ていはつ) して仏道に入り修行すること。また、その人。

      「寂照は―してから、ただもう道心を持し」〈露伴・連環記〉

  1. 皇族や公卿で、在俗のまま剃髪 (ていはつ) し、僧衣をつけ仏道に入った人。「清盛入道」

  1. 坊主頭の人。また、坊主頭の化け物。「大入道」「蛸 (たこ) 入道」

出典:青空文庫