にゅう‐ふ〔ニフ‐〕【入夫】例文一覧 1件

  1. ・・・これが縁となって、正直と才気と綿密を見込まれて一層親しくしたが、或時、国の親類筋に亭主に死なれて困ってる家があるが入夫となって面倒を見てもらえまいかと頼まれた。喜兵衛は納得して幸手へ行き、若後家の入夫となって先夫の子を守育て、傾き掛った身代・・・<内田魯庵「淡島椿岳」青空文庫>