出典:デジタル大辞泉(小学館)

三后 (さんごう) 准母 (じゅんぼ) 女御 (にょうご) 内親王などで、朝廷から特に「院」または「門院」の称号を受けた女性。平安時代、一条天皇のとき皇太后藤原詮子が出家の際に東三条院の院号を贈られたのに始まる。上皇に準じる待遇を受けた。にょういん。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉