にょうどく‐しょう〔ネウドクシヤウ〕【尿毒症】例文一覧 1件

  1. ・・・十二月から三月ごろまで尿毒症の危険があり、視力喪失の危険もあったので様々の治療を試みています。また医者も通院を禁止して来診しています。昨年十二月末からまだ外出せず面会も制限されています。半年以上散歩のための外出もしない状態は、自己満足という・・・<宮本百合子「文学について」青空文庫>