出典:デジタル大辞泉(小学館)

天皇の側近の女房が天皇の意思を奉じて発給した仮名書きの文書。ふつう、散らし書きで書かれる。鎌倉時代からみられ、室町後期には勅命を伝える文書の主流となった。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉