出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 仏語。仏の教法にかなっていること。

  1. 文字どおりであること。また、そのさま。「如法の闇」

  1. 穏やかであること。柔和であること。また、そのさま。

    1. 「―なる気もまる額、にこやかに」〈浄・今宮の心中

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉