出典:デジタル大辞泉(小学館)

スイカズラ科の落葉低木。山野に自生。枝の内部に白い髄があり、葉は長楕円形の小葉からなる羽状複葉。春、白色の小花が円錐状に咲き、実は赤く熟す。幹や枝を消炎・利尿薬に、花を発汗に用いる。庭木とする。 春》「―の花咲けり何かにまぎれんと/秋を」

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[春/植物]の季語