出典:デジタル大辞泉(小学館)

本来は特定の給付を目的とするが、他の給付をもってこれに代えることのできる債権