出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ノルウェー)Et Dukkehjemイプセンの戯曲。3幕。1879年作。弁護士の夫から人形のように愛されていただけであったことを知ったノラが、一個の人間として生きるために夫と子供を捨てて家を出る。女性解放の問題を提起した近代社会劇の代表作。