出典:デジタル大辞泉(小学館)

sociology of cognition(フランス)sociologie de la connaissance》人間の認識を中心とした思考作用について、その社会との関連性や社会的性格を研究する社会学の一分野。フランスのデュルケームが提唱し、ドイツのイェルザレム(K.W.Jerusalem)が確立。知識社会学と同義に用いられることもある。

[社会/社会関係の言葉]カテゴリの言葉