にん‐ち【認知】例文一覧 1件

  1. ・・・それが私生児であるがために始めのうちは、父親の芸術の世界でこれを自分の子供として認知する、しないの問題も起こったのである。しかし今ではこれを立派な嫡子として認めない人はおそらくないであろう。 オペラが総合芸術だと言われた時代があった。し・・・<寺田寅彦「映画芸術」青空文庫>