にんな〔ニンワ〕【仁和】例文一覧 1件

  1. ・・・世態人情の変化は漸く急激となったが、しかし吉原の別天地はなお旧習を保持するだけの余裕があったものと見え、毎夜の張見世はなお廃止せられず、時節が来れば桜や仁和賀の催しもまたつづけられていた。 わたくしはこの年から五、六年、図らずも旅の人と・・・<永井荷風「里の今昔」青空文庫>