ぬい‐なおし〔ぬひなほし〕【縫(い)直し】例文一覧 1件

  1. ・・・十月一杯は一冊も本読まず、縫直しさわぎで暮れましたから。今月からは少し落着いて本が読んでもらえるだろうと嬉しゅう御座います。 十一月三日 〔巣鴨拘置所の顕治宛 駒込林町より〕 十一月三日 三十一日附のお手紙今日頂きました・・・<宮本百合子「獄中への手紙」青空文庫>