出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 刺繍 (ししゅう) と摺箔 (すりはく) を併用して布地に模様を表すこと。また、そのもの。

  1. 1で模様を表出した能装束。主に女役の着付けに用いる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉