ぬい‐もん〔ぬひ‐〕【縫(い)紋】例文一覧 3件

  1. ・・・最上等の麻の着物と、縫紋の羽織と夏袴と、角帯、長襦袢、白足袋、全部そろえて下さいと願ったのだが、中畑さんも当惑の様子であった。とても間に合いません。袴や帯は、すぐにととのえる事も出来ますが、着物や襦袢はこれから柄を見たてて仕立てさせなければ・・・<太宰治「帰去来」青空文庫>
  2. ・・・と申しますのは、私の婆様は、それはそれは粋なお方で、ついに一度も縮緬の縫紋の御羽織をお離しになったことがございませんでした。御師匠をお部屋へお呼びなされて富本のお稽古をお始めになられたのも、よほど昔からのことでございましたでしょう。私なぞも・・・<太宰治「葉」青空文庫>
  3. ・・・背中に大きい縫紋のついた羽織に、うしろ下りの袴姿で、弁当などつかっている。 婦人の傍聴人はその間にちらり、ちらりと見えるだけであった。ベンチのとなりに派手な装いの二十四、五の女のひとがいたが、茶色の背広をつけた頭の禿げた男がぶらりぶらり・・・<宮本百合子「待呆け議会風景」青空文庫>