出典:デジタル大辞泉(小学館)

ぬかに釘を打つこと。なんの手ごたえもなく、効き目のないことのたとえ。暖簾 (のれん) に腕押し。ぬかくぎ。「いくら注意しても糠に釘だ」