出典:デジタル大辞泉(小学館)

柱と柱、束 (つか) と束の間を横に貫いてつなぐ材。位置により頭貫 (かしらぬき) ・内法貫 (うちのりぬき) ・地貫 (じぬき) などとよぶ。貫木 (ぬきぎ) 。「貫を渡す」