出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 脱いでいる途中であること。「脱ぎ掛けの服をあわてて着直す」

  1. 脱ぎ下げ」に同じ。

  1. 着物を半分脱いで、肩を出すこと。肩脱ぎ。また、抜き衣紋 (えもん) にすること。

    1. 「ゆたかに―して肌帷子の紋所に地蔵を付けてゐるこそ」〈浮・一代男・五〉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉