ぬ・く【抜く】 の意味

  1. [動カ五(四)]
  1. 中にはいっているもの、はまっているもの、刺さっているものを引っ張って取る。「刀を―・く」「歯を―・く」「とげを―・く」
  1. 中に満ちていたり含まれていたりするものを外へ出す。「浮き袋の空気を―・く」「プールの水を―・く」「力を―・いて楽にする」
  1. 中にはいっている金品をこっそり盗み取る。「車中で財布を―・かれた」「積み荷を―・かれる」
  1. 多くのものの中から必要なものを選び取る。全体から一部分を取り出す。「書棚から読みたい本を―・く」「秀歌を―・いて詞華集を編む」
  1. 今まであったもの、付いていたものを除き去る。不要のものとして取り除く。「染みを―・く」「籍を―・く」「不良品を―・く」「さびを―・いたにぎりずし」
  1. 手順などを省く。また、それなしで済ませる。省略する。「仕事の手を―・く」「朝食を―・く」
  1. 前にいる者や上位の者に追いつき、さらにその先に出たり、その上位になったりする。「先頭の走者を一気に―・く」「すでに師匠の芸を―・いている」
  1. 新聞報道やテレビ報道などで、他社に先駆けて特ダネを報道する。すっぱ抜く。「スクープを―・く」
  1. 力などが他よりすぐれている。基準よりも上である。「実力が群を―・いている」
  1. 10 (「貫く」とも書く)突き通して向こう側へ出るようにする。一方から他方へ通じさせる。つらぬく。「山を―・いてトンネルをつくる」「一、二塁間を―・くヒット」
  1. 11 型にはめて、ある形として取り出す。また、ある部分だけ残して他の部分を染める。「ハート形に―・く」「紫紺の地に白く―・いた紋」
  1. 12 攻め落とす。「城を―・く」「堅塁を―・く」
  1. 13 和服の着方で、抜き衣紋にする。「襟を―・く」
  1. 14 囲碁で、相手の死んだ石を取る。
  1. 15 (動詞の連用形に付いて)そのことを最後までする。しとおす。また、すっかり…する。しきる。「難工事をやり―・く」「がんばり―・く」「ほとほと困り―・く」
  1. [可能]ぬける
  1. [動カ下二]ぬける」の文語形。

ぬ・く【抜く】の慣用句

  1. 抜きつ抜かれつ
    • 追い越したり、追い越されたりして、激しく先後を争うさま。「抜きつ抜かれつのデッドヒート」
  1. 抜く手も見せず
    • 手元の動きが見えないほど早く刀を抜く。「抜く手も見せず斬りかかる」
    • すばやく物事を行う。「抜く手も見せず人事を刷新する」
  1. 抜けば玉散る氷の刃
    • 研ぎすまされた刀が輝くさまをいう言葉。活動写真の弁士が剣劇で用いた。
  • ぬ・く【抜く】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 女は咄嗟に指環を抜くと、ビルと一しょに彼の前へ投げた。

      芥川竜之介「影」

    • ・・・ 下人には、勿論、何故老婆が死人の髪の毛を抜くかわからなかった。

      芥川竜之介「羅生門」

    • ・・・彼はこれらの関係を知り抜くことには格別の興味をもっていたわけではなかったけれども、偶然にも今日は眼のあたりそれを知るようなはめになった自分を見いだしたのだ。

      有島武郎「親子」