出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 冬の寒い夜、鷹 (たか) が小鳥を捕らえてつかみ、足をあたためること。また、その小鳥。翌朝その小鳥を放し、その飛び去った方向へその日は行かないという。 冬》「遥かなる行方の冴や―/青々

  1. 親鳥がひなを羽の下に抱いてあたためること。また、そのひな。

    1. 「羽交 (はがひ) の下の―、恩愛こそはあはれなれ」〈浄・百合若大臣〉