出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。使いの途中、道で酔いつぶれた太郎冠者が、後をつけていた主人に鬼の面をかぶせられ、目を覚まして水に映った自分の姿に悲観し死のうとするが、そのはずみに面が取れる。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉