出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. その社会・集団などを支配・統率する人。あるじ。「一国の主」「世帯主」

  1. 所有者。持ち主。「地主」

  1. 動作・行為の主体。また、ある事柄の主人公。「声の主」「うわさの主」

  1. 山や川などに古くからすみ、霊力があると信じられている動物。転じて、ある場所に長くいる人。「沼の主」「この学校の主」

  1. 夫。また、定まった情夫。「主ある身」

[代]二人称の人代名詞。
  1. 敬意や親しみを込めて相手を呼ぶ語。多く同輩以下の男性に対して用いる。→おぬし

    1. 「―はいづくへぞなど、語らひ行くほどに」〈今昔・二九・二三〉

  1. 女性が親密な男性を呼ぶ語。

    1. 「もし、―が逢ひたがらしゃんすその人に」〈伎・助六

[接尾]人名や呼称に付けて、軽い敬意を表す。男性に用いることが多いが、まれに女性にも用いる。
    1. 「源氏木曽冠者義仲―は」〈吾妻鏡・一〉