出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ぬ」は玉、「な」は「の」の意》玉の触れあう音。

「―ももゆらに」〈・上〉