出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《完了の助動詞「ぬ」の終止形+推量の助動詞「べし」。この場合「ぬ」は強調の用法》
  1. 推量の意を表す。…に違いない。きっと…てしまうだろう。

    1. 「御舟 (みふね) 海の底に入らずは神落ちかかり―◦べし」〈竹取

  1. 意志を表す。…してしまうつもりだ。きっと…しよう。

    1. 「今いととくまかで―◦べし」〈かげろふ・中〉

  1. (下に打消し・反語を伴って)可能の意を表す。きっと…することができる。…できそうだ。

    1. 「したり顔に、おとなしく、もどき―◦べくもあらぬ人の、言ひ聞かするを」〈徒然・一六八〉

  1. 当然の意を表す。きっと…するはずである。

    1. 「古今あまた書き写しなどする人は、みなも覚え―◦べきことぞかし」〈・二三〉

  1. 適当の意を表す。…するのがよい。

    1. 「けにかの国の内に、さも人の籠りゐ―◦べき所々はありながら」〈・若紫〉

[補説]「ぬべし」は平安時代から鎌倉時代にかけて最も多く用いられた。