ぬれ‐そぼ・つ【×濡れそぼつ】例文一覧 1件

  1. ・・・ 風吹けばそよぎ、雨ふればそれなり濡れそぼたれた女主人公の姿が、今は、眼の隅で周囲を細大洩らさず見とおしながら、そのようにそよぎ、濡れそぼつことからさえ依估地に身をひく一人の老人に代ったとすれば、それはどういう現代の心理の徴候と見るべき・・・<宮本百合子「作品の主人公と心理の翳」青空文庫>