出典:デジタル大辞泉(小学館)

[終助]文末の種々の語に付く。
  1. 軽い感動・詠嘆の意を表す。「いい眺めですね」「よくしゃべる人だわね」

  1. 相手の同意・返答などを期待する意を表す。「君の郷里は青森でしたね」「そろそろ出かけようね」

  1. 自分の考え・気持ちを主張する意を表す。「その方法はまずいね」「彼はりっぱな人だと思いますね」

  1. 《上代語》動詞・動詞型活用語の未然形、禁止の「な…そ」に付いて、他に対してあつらえ望む意を表す。…てほしい。

    1. 「この岡に菜摘ます児 (こ) 家聞かな名告 (の) らさ―」〈・一〉

    2. 「大き海の水底照らし沈く玉斎 (いは) ひて取らむ風な吹きそ―」〈・一三一九〉
[間助]文節の切れ目に付いて、相手の注意をひくように語勢を添えたり、語調を整えたりする意を表す。「しかしね、こっちだってね、都合があるんだよ」
    1. 「あれから―、わたしを送ってやらうとって」〈滑・浮世風呂・二〉

[補説]13は近世後期以降話し言葉に用いられる。同じ用法の助詞「な」よりも語勢は柔らかい。「ねえ」となることもある。