出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。謡を所望された太郎冠者が、ひざまくらでしかうたえないと言うので、主人はひざを貸すが、起こしたり寝かせたりするうちにうたう場を取り違える。古称「寝声 (ねごえ) 」。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉