ねぎし‐たんかかい〔‐タンカクワイ〕【根岸短歌会】 の意味

  1. 短歌結社。明治32年(1899)正岡子規が東京下谷区上根岸(現在の台東区内)の自宅で開いた短歌会に始まる。新聞「日本」、雑誌「心の花」により、写生説に基づき、万葉風の復活を唱えた。子規没後、機関誌「馬酔木 (あしび) 」を発行、のち、「アララギ」派に発展。