出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。禰宜山伏が茶店で争い、亭主の提案で大黒天を祈り合って験 (しるし) のあるほうを勝ちとすることにしたが、大黒天は禰宜のほうばかり向いて浮かれる。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉