ね‐こ・む【寝込む】例文一覧 2件

  1. ・・・飲みすぎると、げっそり痩せてしまって寝込む。そのうえ、あちこちに若い女の友達などもある様子だ。 子供、……七歳の長女も、ことしの春に生れた次女も、少し風邪をひき易いけれども、まずまあ人並。しかし、四歳の長男は、痩せこけていて、まだ立てな・・・<太宰治「桜桃」青空文庫>
  2. ・・・そうしていよいよ寝込む頃にはもうだいぶ病気は亢進して危険に接近しているであろう。実際平生丈夫な人の中には、無理をして病気をこじらせるのを最高の栄誉と思っているのではないかと思われる人もあるようである。 自慢にならぬことを自慢するようで可・・・<寺田寅彦「変った話」青空文庫>