出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世、根来寺やその近辺で主に日用品として作られた漆器。黒漆で下塗りした上に朱漆を塗ったものが多い。長年の使用で黒漆が斑文 (はんもん) となってあらわれたものが茶人に好まれたため、それを意図的に表現したものもある。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉