出典:デジタル大辞泉(小学館)

《動詞「ね(捩)づ」の連用形から》

  1. 円筒や円錐の面に沿って螺旋 (らせん) 状の溝を切ったもの。溝を外面に切ったものを雄ねじ、それにはまり合うように内面に切ったものを雌ねじという。物を締めつけるのに用いる。

  1. ぜんまいを巻く装置。また、ぜんまい。